多くの料理の中からみんなが美味しく食べられるものを宅配で注文する

手間がかかるピザを自宅で食べられる宅配サービス

効能のある桃

桃のルーツ、販売時期

桃と言えばその甘さや香り、ジューシーさが人気の果物です。そんな桃は同じく香り高いバラ科に属し、中国が原産地です。日本では縄文時代にはすでに種子が見つかっていたようですが、食用として栽培され始めたのは江戸時代からでした。そして、明治時代に中国から現在販売されている品種の元になる桃が輸入され、品種改良を経て我々の食卓にならぶようになりました。そんな桃が販売される時期はいつでしょう。収穫時期で分けると早生種、中生種、晩生種の3つに大別されます。収穫可能期間は10日程度と短いながら、早ければ5月初旬から収穫され、9月末頃まで購入することができます。食べごろとしては夏から初夏の時期です。桃と言えば夏の果物と憶えておきましょう。

成分とその効能について

桃に含まれる成分ですが、主成分として果糖、多く含まれるものとしてペクチンなどの食物繊維、栄養素としてはカリウムがあげられます。果糖は砂糖より1.5倍の甘みがあり、代謝されずにエネルギーに変わるので疲労回復にもってこいです。食物繊維は整腸作用があるため、便秘解消に役立ちます。カリウムは塩分を排出する役割があるため高血圧に効果がありますし、筋肉の痙攣を防ぐ効果もあります。カロリーが低いながらも多くの栄養素を含有しているため、ダイエットフードにも適しています。また、多くの人が恐れる病気、糖尿病の予防にも役立つという研究結果が出ています。古来中国から桃源郷、仙桃などと言われているように桃は不老不死とまでは言えませんが、健康な生活のためのスーパーフードと言えるでしょう。